介護士として働くなら派遣と正社員どちらがおすすめ?

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/24

派遣と正社員どちらがおすすめ?

高齢化社会の今、介護職のニーズは高く求人が多くあります。求人が多くあれば、それだけ自分のライフスタイル合った働き方の選択肢は広がります。どんな働き方があっているかは、人によって異なります。まずは、それぞれの働き方がどう違うのかを確認するところからはじめましょう。

介護派遣のメリット・デメリット

派遣社員の雇用主は、派遣会社です。直接雇用ではないため、契約期間が終わったら双方の意思を確認して、継続するかどうかが決まります。まず、介護派遣のメリット・デメリットについてご説明します。

メリット

派遣社員は、派遣会社に登録をして、派遣される施設を探すことができます。自分の希望に合った施設を派遣会社に探してもらうことができるうえに、相談にも乗ってもらえます。派遣社員は雇用主が派遣会社であるため、勤務時間など派遣先のルールに則って働く必要がありません。

勤務時間や日数をライフスタイルにあわせて調整でき、サービス残業がなく仕事とプライベートの両立がしやすくなります。もし派遣先から夜勤の要望などがあっても、派遣会社を通して話をするため、自分では断りづらい人も交渉を派遣会社に任せることができます。

時給制をとっていますが、直接雇用のパートよりも時給が高く設定されています。働き方次第では、月給が正社員を超える場合もあります。退職もしやすく、職場を変えることでより多くの経験を積むこともできます。

業務内容によっては、無資格でも働くことができます。働いて経験を積みながら、資格をとることもできます。派遣会社によっては、資格取得のサポートをしているところもあるため、資格をとりたい人は担当者に確認してみましょう。

デメリット

職場が働きやすく気に入っても、契約を更新してもらえず退職しなくてはならないことがあります。双方の合意があり、継続になったとしても、同じ職場や部署で働けるのは最長3年と法律で定められています。

どうしても同じ職場で働きたいと思ったら、雇用形態をかえる必要がでてきます。期間限定の働き方のため、出世や昇給はありません。働き方次第で正社員より月給は良くなることがありますが、ボーナスがないため年収は正社員よりも低くなることがあります。

継続して働ける保証がなく、ローンも組みにくくなります。福利厚生は、派遣先のものではなく派遣会社のものが適応されるので、チェックしてみてください。

勤務時間や日数によって社会保険に加入できない場合があり、保障面でも不安が残ります。職場が一定期間で変わってしまうため、人間関係に慣れるのが苦手な人は苦労するかもしれません。派遣先が変わるたびに、仕事を覚えなおすのも大変です。

正社員の介護士として働くメリット・デメリット

正社員の場合は、勤務先の施設に直接雇用されます。正社員のメリット・デメリットについてご説明します。

メリット

契約社員のように期間が定められているのではなく、正社員は基本的に無期雇用なので安定しています。経験を積んだり、新しい勉強をして資格をとったりとスキルアップをすることで、出世や昇給が目指せるので、目標を持ち、よりやりがいを持てるようになります。

ボーナスがあり、福利厚生が充実していることもメリットです。同じ職場で長期間働くことができるため人間関係を築くことができ、仕事に慣れると余裕がうまれてきます。

デメリット

基本的に、夜勤などもこなすため不規則な勤務になります。時間外の研修や会議など時間外労働も多くなります。職場での人間関係でトラブルがあっても、簡単に退職することはできず長期間付き合い続けなくてはいけません。長期間勤めていると、自分が望んでいなくても施設側からキャリアアップを望まれることがあります。

介護士として働くなら派遣と正社員どちらがおすすめ?

派遣社員と正社員の特徴や違いについて、説明します。

派遣社員

派遣社員は、自分のライフスタイルに合わせて働きたい人におすすめです。子育て中で夜勤など不規則な勤務が難しい人や、プライベートを優先させたい人、高時給で効率よく働きたい人などです。

また、派遣先の施設が合わない場合は、継続を希望しなければこちらから契約を終了し、別の施設を探すことができます。まずどんな施設があるかみてみたいという人にもおすすめです。

派遣社員が高時給である理由の一つとして、すぐに即戦力として働ける人材が欲しいということが考えられるため派遣先では歓迎されるでしょう。また無資格で、働きながら資格をとりたい人にもおすすめです。

正社員

長期間同じ施設で、安定して働きたい人におすすめです。福利厚生があるため、いつか産休育休をとりたいなど、今後のライフプランも立てやすくなります。

新しい資格をとったり、研修に参加したり、仕事に時間をさくことができる人が正社員になるとスキルアップを目指せます。スキルアップをして出世を目指すなど、より仕事にやりがいを求める人は正社員が良いでしょう。

まとめ

派遣社員と正社員、働き方の違いがわかったでしょうか。自分のライフスタイルを振り返り、仕事に何を求めるのかを一度考えてみると良いかもしれません。また、出世、結婚、出産など今後のライフプランも考えて雇用形態を選びましょう。自分に合った働き方をして、充実した日々を過ごしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

高齢化社会の今、介護職のニーズは高く求人が多くあります。求人が多くあれば、それだけ自分のライフスタイル合った働き方の選択肢は広がります。どんな働き方があっているかは、人によって異なります。ま
続きを読む
医療事務の仕事は大きく「受付・会計業務」「クラーク業務」「レセプト業務」の3つに分類されています。医療事務は雇用先に直接就職する場合もありますが、派遣社員として仕事をしている方も多く存在する
続きを読む
医療事務という仕事をご存じですか?コロナ禍の影響から医療従事者など、医療に関する仕事や関わる人の情報が以前より多く目に入るようになったかと思います。今回はその中でも医療事務について、さらには
続きを読む