派遣看護師として働くメリット・デメリットについて詳しく解説!

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/05/11

社会全体の急激な変化に伴い、看護師の働き方も多様化してきています。正社員以外にも、派遣看護師として働く人も増えてきている現状にあります。では、正社員と派遣看護師では実際にどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、派遣看護師の働き方の特徴とメリット・デメリットに関してまとめていますので、是非参考にしてみてください。

派遣看護師の働き方の特徴

正社員やパートの場合、雇用先の会社と契約を結び、給料は雇用先から支給されます。一方、派遣看護師は派遣会社と雇用契約をします。そのため、給料は派遣会社から支給される仕組みになります。

実際の仕事内容は正社員の看護師とほぼ変わりありません。つまり、雇用される期間が限定されているのが正社員との大きな違いとなります。雇用の形態も大きく4つに分類されます。

■単発派遣

1つの派遣先に約1日~1週間程度の超短期派遣のことです。健診などの業務が多く、看護師が急遽必要となった場合が多く、ダブルワークをしたい方などに需要があります。

■短期派遣

1つの派遣先に約2~3か月程度の派遣のことです。病院やクリニックなどの求人もありますが、社会福祉施設・介護老人施設などの求人が多いのが特徴です。2~3か月だけと期間を決めて働きたい人にはお勧めで、交通費なども支給されることが多いです。

■長期派遣

更新手続きを適宜行うことで、1つの派遣先に最大で3年間働くことが出来る派遣のことです。社会福祉施設や介護老人施設の求人が最も多くなります。6か月以上の長期的な雇用を望む人に適しており、有給休暇も支給されます。

■紹介予定派遣

最大でおおよそ6か月の派遣期間があり、派遣期間終了後に雇用されることが前提の派遣のことです。介護施設の他、訪問看護ステーションの求人が多くあります。時給に関しては、直接雇用後の給料を考慮して決定することが多いため、給料の交渉などもしやすい傾向にあります。初めて施設で働くため、慎重に職場を選びたい人や将来的に直接雇用化を狙いたい人に向いている求人です。

派遣看護師として働くメリット

■時給が高い傾向にある

2020年時点で、派遣社員の平均時給は1,690円と言われていますが、派遣看護師は1,895円と200円程度高い傾向にあります。また、パートやアルバイトよりも、派遣看護師としての時給は高く設定されていますので、おおきなメリットの一つになります。

■日時・仕事内容など雇用条件を選択しやすい

ライフスタイルに合わせた雇用条件の希望を出すことで、多様な働き方を選択することができます。資格習得のため、空いた時間で学習時間を確保することや、子育てに時間をあてることも可能になります。正社員では、雇用条件を自由に選択するのは難しいため、派遣看護師としての大きな強みと言えます。

■派遣会社にいつでも相談することができる

派遣看護師は、原則として派遣会社の社員になります。そのため、雇用先で困ったことやライフスタイルの変化から雇用状況を見直したい場合、いつでも派遣会社に相談することができます。また、トラブルなどがあった場合、雇用先との間に派遣会社が介入してくれるため、一人で悩む心配もありません。

派遣看護師として働くデメリット

2020年4月から「同一労働同一賃金」という制度が導入されています。これは、正社員と派遣社員との間で待遇の差を解消する目的で設けられました。これには、給料やキャリアアップに関する内容も含まれているため、派遣看護師のデメリットとされていた点が改善されつつある現状にあります。

しかし、この法改正だけでは是正されていない部分もあるため、デメリットも把握しておく必要があると言えるでしょう。

■同一の職場で働き続けることが出来ない

派遣看護師には雇用期間が定められているため、同じ職場に居続けることはできません。基本的には最長で3年間と決められており、数か月単位で都度契約を更新するシステムです。その後も同じ雇用先を希望する場合は、初めの契約の時点で紹介予定派遣とするといいでしょう。ある程度先を見据えた雇用先を検討して契約することで、この問題は解決されるといえます。

■昇給やボーナスがない

時給としては他の派遣と比較して良い傾向にありますが、昇給やボーナスは支給されません。ただ「同一労働同一賃金」の制度が導入されているため、今後も需要が大きいことから時給のアップが見込めると言えるでしょう。

■スキルアップの場が少ない

正社員と比較して、派遣看護師の場合、時間外での研修の参加などを行う義務がありません。ただ、労働者派遣法により「派遣労働者のキャリアアップを後押しする計画的な教育訓練の実施」が派遣会社の義務となっています。スキルアップを望む場合、派遣会社と相談して雇用先への交渉を行うことで、スキルアップにつながる機会や研修の受講などが与えられることも期待できます。

 

派遣看護師は、ライフスタイルに合わせた働き方をすることが可能です。また、パートやアルバイトよりも派遣看護師として働くことで、時給が高い傾向にあります。派遣の種類も多様化しているため、メリット・デメリットを把握して自分に見合った働き方をすることができます。サポート体制も整っているため、まずは派遣会社に相談をしてみることをお勧めします。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

高齢化社会の今、介護職のニーズは高く求人が多くあります。求人が多くあれば、それだけ自分のライフスタイル合った働き方の選択肢は広がります。どんな働き方があっているかは、人によって異なります。ま
続きを読む
医療事務の仕事は大きく「受付・会計業務」「クラーク業務」「レセプト業務」の3つに分類されています。医療事務は雇用先に直接就職する場合もありますが、派遣社員として仕事をしている方も多く存在する
続きを読む
医療事務という仕事をご存じですか?コロナ禍の影響から医療従事者など、医療に関する仕事や関わる人の情報が以前より多く目に入るようになったかと思います。今回はその中でも医療事務について、さらには
続きを読む