医療事務を派遣社員で始めるメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/06/07

医療事務という仕事をご存じですか?コロナ禍の影響から医療従事者など、医療に関する仕事や関わる人の情報が以前より多く目に入るようになったかと思います。今回はその中でも医療事務について、さらには医療事務を派遣社員で始めるメリット・デメリットについて解説していきましょう。

医療事務はどのような職業?

医療事務とは、病院やクリニックなどの医療機関で働き、主にその運営の手助けをする職業です。仕事内容は一般企業の事務員とは異なり、通常の事務作業から医療の現場らしく知識が必要なものまで多岐にわたります。ここではそんな医療事務の仕事内容などを詳しくご紹介しましょう。

■受付・会計業務

医療事務の代表的な仕事といえば、病院やクリニックなど医療機関の受付です。患者や来院者の対応はもちろんのこと、電話対応や診察券の作成、預かった保険証を返すまでの管理などを行います。また、医療費や保険、診察報酬の計算や請求といった会計業務も行うため、素早く仕事をこなす能力に加えて正確さも求められる仕事です。

■クラーク業務

あまり耳馴染みのない言葉ですが、クラーク業務とは簡単にいうと医者と患者をつなぐサポート業務のことです。カルテや検査データの管理を行うほかに、病棟では患者の入退院時に必要な書類の管理や説明、施設の案内などを行います。

大きな病院で行われていることが多い仕事で、入院病棟で生じる事務作業がメインです。とくに入退院時に関わる業務は、不安な気持ちを抱えている患者を相手にするので接客業のような丁寧さも求められます。

■レセプト業務

レセプト業務とは、診療報酬明細書を正確に作成し定められた機関へ提出する業務のことです。多くの人が加入している医療保険から負担する診療費を計算するため、診療報酬点数や病名、医療機関名などを明確に記載した診療報酬明細書を作成します。レセプト業務は医療事務の専門性が特に発揮される仕事でもあるので、一定の医療保険に関する知識が必要です。

■医療事務に資格は必要?

レセプト業務など、専門性の高い業務などから資格が必要だと思われることの多い医療事務。業務をする上で一定の薬剤や診療、医療保険についての知識は必要ですが、医療従事者とは異なり医療行為は行わないので、資格を必ず取得する必要はなく、未経験からでも就業することができる仕事です。働き始めは覚えることも多く、大変だといわれていますが、慣れてしまえば長く続けられる人気の職業でもあります。

医療事務を派遣社員で始めるメリット

安定して長く働くことのできる医療事務は近年、若い女性を中心に人気の広がっている職業です。そんな医療事務を派遣社員で始めるメリットをご紹介します。

■ライフスタイルに合った働き方ができる

働き方改革やフリーランスが浸透してきた現在では、働き方も個人のライフスタイルに仕事を合わせるといった形も少なくありません。

派遣社員の場合、正規雇用と異なって勤務時間や日数を少なくするなど比較的自由な働き方が可能になります。そのため、子育てをしながらの就業や、ブランクからの復帰、副業との兼ね合いなどライフスタイルに合わせて仕事をしたい人には大きなメリットです。

■さまざまな職場を経験できる

派遣社員は決められた雇用期間内で就業し、雇用期間が終了すればまた新たな勤務先と雇用期間を派遣会社から決められます。正規の期間で勤務先を変えることができるので、さまざまな職場を経たスキルアップや変化を求めたい人には、大きなメリットです。

また、一度就業しても職場の雰囲気が合わなかった場合でも退職という形ではなく、勤務先を移動するといった感覚で動けるのもメリットといえるのではないでしょうか。

■派遣会社の福利厚生を受けることができる

派遣社員の雇用先は勤務地の医療機関ではなく、派遣会社になるので福利厚生も派遣会社のものを受けることができます。その内容は会社によってさまざまで、就業後のフォローを行なってくれる会社もあり、安心して仕事をすることができるのも嬉しいポイントです。

医療事務を派遣社員で始めるデメリット

派遣社員で始めるメリットはわかりましたが、デメリットはどういったものがあるのでしょうか?

■雇用期間が決められている

派遣での仕事は雇用期間があらかじめ決められているため、どんなに気に入った職場であっても雇用期間を過ぎてしまえば移動せざるをえません。医療事務は一定の知識を蓄える他に、病院ごとのやり方やルールなども一緒に吸収しなければならないので、短期間で慣れることが難しい場合はデメリットにつながる可能性もあります。

■責任の大きい仕事を任せてもらえない

雇用期間の定められている派遣社員は、正規雇用の社員と比べて入れ替わりも激しいため大きな仕事を任せてもらえないといった場合もあります。さまざまな職場を経て経験を積みたい、スキルアップしたいといった人には少々物足りなく感じるかもしれません。

 

医療事務の仕事は専門性もありますが、未経験でも始められる人気の高い職業です。ライフスタイルや希望に合わせた働き方で、派遣社員での医療事務といった選択肢もあります。医療事務を考えている方、派遣社員で何か仕事を探している方は、ぜひこの機会に参考にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

医療事務という仕事をご存じですか?コロナ禍の影響から医療従事者など、医療に関する仕事や関わる人の情報が以前より多く目に入るようになったかと思います。今回はその中でも医療事務について、さらには
続きを読む
介護の仕事は、日常生活を送るうえで介助が必要となったご高齢者や心身に障がいのある方の援助を行うことです。実は、介護職員の中には正社員だけではなく、派遣社員として働いている方も多く存在します。
続きを読む
社会全体の急激な変化に伴い、看護師の働き方も多様化してきています。正社員以外にも、派遣看護師として働く人も増えてきている現状にあります。では、正社員と派遣看護師では実際にどのような違いがある
続きを読む